大人ニキビや肌荒れを予防する基礎化粧品の選び方

肌トラブルを繰り返さない!肌力を高める基礎化粧品選び

洗い方や保湿だけでじゃなく、成分にもこだわった基礎化粧品選びで肌荒れ・大人ニキビを作らない!

大人ニキビの原因と、根本から見直すスキンケア

十代のニキビと比べて、大人ニキビは色々な原因が重なって治りにくいようです。
また、ニキビの跡も残りやすいので早めのケアが大切になってきます。

大人ニキビはあごや頬にできやすいのが特徴です。
ブツブツと白く盛り上がっているニキビや黒い点のように見えるニキビがあります。

そして、意外に思われるかもしれませんが、大人ニキビの人は乾燥肌が多いようです。

十代のニキビは皮脂が多くニキビができやすくなるのですが、大人ニキビは乾燥肌の人ができやすいようです。
大人ニキビになりやすいのは角質機能の低下が原因と考えられます。

つまり、お肌を守る機能が低下したことで、大人ニキビができたと考えられます。


では、角質機能を回復させるにはどうすればいいのでしょうか。

角質層に水分が不足するとお肌は弱くなりますから、毎日のスキンケアが大切だということです。


まずは、お肌に合った洗顔料を使うことが大切です。

特にクレンジングは、化学合成成分が沢山入っていると刺激が強くてバリア機能を低下させる原因になりますから、肌荒れやニキビを繰り返してしまいます。

最近ではネット通販を中心に、天然由来の洗浄成分で肌に優しいのにメイク落ちも良くて、うるおいを残して肌を整える美容成分が配合されてる肌の為のクレンジングが増えていますから、こちらのクレンジングランキングなどを参考にしてみて下さい。

化粧品は、日々進歩していますから良さそうなものがあれば、たまに変えてみるのも良いですね。
また、1ヶ月くらいの返金保証期間が設けられているクレンジングも多いですから、少し面倒かもしれませんが、肌に合わなかったら返品する方法もあります。

肌のタイプは似たような症状でも人それぞれですから、諦めずに良いものを見つけてください。


もちろん洗顔方法も大切です。

おろそかにするとモッタイナイ。洗顔の仕方
油分の多い部分やメイクの落ちにくい部分から順に、カサカサしやすい部分は最後。そして優しく洗い流した後はタオルでこすらず押さえる様に拭きましょう。

お肌を強く擦らないで、やさしく洗い上げます。
そして、洗顔料が残らないように洗い流します。

皮脂や油分は多くてもトラブルの元になりますけど、肌に必要なものでもあります。

なので、ゴシゴシ洗って落とし過ぎると、皮膚は皮脂や油分が不足していると思っていつも以上に分泌されます。

だから、洗浄力の優しいメーク落としで、こすらず優しく洗うことがポイントです。
人間には傷を治そうとする自然治癒力も備わっています。
もちろん、薬やサプリメントで健康状態を向上するのは大切ですけど、肌のお手入れのやり過ぎは禁物です。

まずは、洗顔後やメークを落とした直後の肌がピリピリしたり突っ張らないメーク落しを選ぶのが大切です。

洗顔でサッパリしても保湿は忘れずに


洗顔はもちろんですが、保湿も大切です。

特に、夜はたっぷり保湿しましょう。
洗顔後はすぐにつけることで、お肌に浸透します。
保湿化粧水や美容液が浸透してから、仕上げにクリームや乳液をつけると良いです。
うるおいを閉じ込めてくれます。

こうして角質層に水分を保つことができれば、お肌を守ってくれます。
もし、大人ニキビができたときは、あまりヒドイ場合は医師に相談することをおすすめしますが、予防と対策として早めに洗顔方法や化粧水のつけ方などに気をつけてお手入れすることが大切ではないでしょうか。

大人になってもニキビができやすい肌の予防法

大人ニキビは、思春期のニキビとは違うもので、原因が複雑で治りにくいやっかいなものです。

皮脂と古い角質が混ざり合うことで、毛穴が詰まってしまい、そこにアクネ菌などが影響を及ぼして炎症を引き起こすことがその原因の一つになっています。
主に分泌されすぎる皮脂が原因でできるにがニキビなのですが、大人ニキビはお肌の新陳代謝、いわゆるターンオーバーが正常に機能せず、その結果残ってしまった古い角質や化粧品の落としきれなかった油分などが毛穴に溜まっていってしまい、炎症をおこすケースが多いです。

また、ホルモン分泌バランスが乱れてしまい、皮脂の分泌が過剰になり、大人ニキビが出来てしまうことも原因になります。ストレスや生理などのホルモン分泌バランスが乱れたり、婦人科系の病気などのトラブルも原因に鳴ることが有ります。

さらに、化粧品の落とし残しや不十分な洗顔、誤ったスキンケアの仕方などもお肌の環境を悪化させ、大人ニキビの原因となってしまう場合もあります。

そのため、大人ニキビになりにくい状態にするにはストレスを避け、上手に処理し、生活リズムを整える必要があります。不規則な生活はバイオリズムを狂わせるため、ホルモンバランスも乱れやすくなってしまいます。
また、外面的な対処法では、化粧品は油分などが過剰に含まれていない化粧品を使用し、就寝前に化粧品をよく落とし、正しいスキンケアを行い、洗顔も適切に行うことで、かなり大人ニキビを予防する事ができます。

スキンケアは引き算の発想で!

保湿化粧品は、何を使ってますか?
何種類塗っていますか?

実は、沢山塗ればいいとは限りません!

化粧品って多少なりとも科学合成物質が入っています。
これは、腐ってしまわないように、品質を維持するためにも必要なわけです。

ほとんどの化粧品には、様々な理由から少なからず科学合成物質が入っている

また、天然由来の美容成分と言っても、沢山塗れば塗っただけ肌に良いとも限りません。

草や木に肌荒れを起こしたり被れたりすることもありますよね。
化粧品ですから、肌への負担の少ないものや高い効果が期待できる成分を厳選して調整していると思いますが、アレコレ沢山塗れば良いとは必ずしもならないことは想像できると思います。

最近では、保湿成分とバリア成分が一緒に入ったオールインワンゲルがあります。

オールインワンゲルは、各メーカーからどんどん良いものが販売されていますので、どれが良いかなかなか選ぶのに難しい面もありますが、オールインワン化粧品口コミサイトなども参考にして選んでみると良いと思います。

因みに、肌が荒れたりニキビだったり敏感肌でトラブルを起こしやすい方やアトピーの方は、セラミドが不足している傾向にあると言われています。

セラミドは、コラーゲンやヒアルロン酸、プラセンタなどとは違って肌のバリア機能に関わる成分です。
うるおいが肌から逃げていくのを防ぎ、外からの刺激から守る役割を持っていますから、肌の力を引き上げる上で欠かせない成分と言えます。

オールインワンを含めて保湿化粧品を選ぶ際はセラミドが入っているものを選ぶのがおすすめです。